Proof-Reading-Service.comは、教授、博士研究員、研究生の皆様が執筆する雑誌論文に対して専門的な校閲・校正サービスを全学術分野を対象に提供しています。お客様の雑誌論文について、雑誌論文校閲・校正サービスをご依頼いただく場合、原稿提出方法の詳細をこちらよりご確認ください。

お客様の論文を適切な雑誌に投稿する前に、当社の雑誌論文校正・校閲サービスをご依頼くだされば、雑誌編集者や査読者がお客様の論文を真剣に考慮する可能性が高まり、ひいては採択につながる可能性が高まります。また、論文投稿後の場合でも、雑誌編集者に書式や言語上の問題ゆえに拒否された場合や、その論文採択を真剣に考慮してもらう前に、まずそのような問題をなくすよう依頼された場合であれば、当社の雑誌論文担当校正者がそれらを完璧に解決することができます。論文をお送りいただく際には、その雑誌のガイドラインや投稿規定に関するリンク、また、すでに雑誌編集者から受け取った有用な批評があればそれらも必ず送ってください。お客様自身の文章についてご自身が特に気になる点や個所があればそれらをメモとして送ってくださってもかまいません。当社の雑誌論文校閲・校正サービスを受けていただくことにより、さらなる自信を持って論文を提出していただくことが可能になります。

当社の顧客の多くは、英語の非母語話者でありながら、英語で自身の研究を発表するという希望を持っているか、あるいはそのような必要がある高等教育機関の学術研究者や科学者の方々です。当社で雑誌論文を担当する校正者は、そのような執筆者の方々に対して、ご自身の母語で執筆した場合と同じように明瞭かつ正確、そして洗練された内容を英語で表現するお手伝いをいたします。当社が提供するサービスは、専門的訓練を受けた者の視点を活用したいと思う英語母語話者の方々にも極めて有用です。投稿論文の中にミスや不整合がただの1つもないよう、一般的に完璧と言える仕上がりにいたします。

以上のことから、雑誌掲載を意図した学術論文を執筆する場合、雑誌論文に対する入念な校閲・校正が絶対的に必要なのです。もちろん、各執筆者が自分自身の文書を確認し、修正すべきです。同僚やメンター(チューター)に論文を読んでもらい、建設的な意見をもらうのも良い考えです。しかし、学術・科学技術的な記述に特化した専門の校正者によるサービスに代わるものはそうそうありません。具体的には、お客様の論文を当社にお送りいただければ、高い教育を受け、かつお客様の学問領域や専門分野に習熟した英語のネイティブスピーカーが、細心の注意を持ってお客様の原稿を詳細まで校正することをお約束します。お客様の文法、スペル、句読法にミスがあれば修正し、構成、書式、出典については論文雑誌が要求する規定をすべてお客様が遵守しているかも確認します。

学術・科学技術雑誌に掲載される論文は比較的短いものですが、どの論文の背後にも膨大な研究と分析があります。優れた学術論文の執筆者であれば、執筆自体に多くの時間と労力がかかることを知っています。資料を効果的な構成でまとめること、内容を分かりやすくし、補強することができる図表や図形、補遺を作成することも同じです。さらに、直接引用や間接引用は正確に行い、その出典も正確かつ完全に示さなくてはなりません。タイトル、要約、キーワードはその論文を完全に表すものである必要があり、またその論文の潜在的読者がそれらを効率良く見つけ、利用できるものでなくてはなりません。

このように、投稿論文を作成する際には考慮すべき要素がたくさんあります。そして、執筆者の要求項目と優先順位、およびその研究は、その雑誌の要求項目と優先順位に対してバランスを取らなくてはなりません。通常、学術・科学技術雑誌にはかなり詳細で厳格な投稿規定や投稿ガイドラインがあります。それらが複雑で理解することが難しいとしても、常に正確に遵守しなくてはなりません。雑誌編集者に届けられる投稿論文の数は、たいてい掲載可能数を超えたものになることは心に留めておいてください。雑誌が要求する書式やスタイルは文書において非常に目立つ側面であることから、雑誌の要求事項を満たしていない執筆者の論文は、論文の内容(およびその背後にある膨大な研究)を真剣に考慮されることもないまま、一目見ただけで拒否される場合があります。しかしながら、権威ある学術誌での論文発表は、研究成果を伝える方法としては極めて強力であり、科学者、学術研究者のキャリアの成功において重要な側面となります。

お客様が論文の計画中や執筆中であれば、『学術・科学技術雑誌への論文投稿ガイド:学術誌に論文を掲載する方法(Guide to Academic and Scientific Publication: How To Get Your Writing Published in Scholarly Journals helpful)』をご活用いただけるのではないかと思います。このガイドには、学術・科学技術雑誌における学問的慣行と要求事項がまとめてあります。こちらより電子書籍として無料でご覧になれます。