Proof-Reading-Service.comは、学術・科学技術分野で活躍する教授、上級研究員、博士研究員、研究生の皆様が執筆する学術・科学技術全分野における書籍に対して専門的な校閲・校正サービスを提供しています。学術・科学技術分野におけるお客様の原稿について、書籍校正・校閲サービスをご依頼いただく場合、原稿提出方法の詳細をこちらよりご確認ください。

学術・科学技術分野に関する書籍の原稿を適切な出版社にお客様が提出する前に、当社にその校正・校閲をご依頼くだされば、編集者や査読者がお客様の原稿を真剣に考慮する可能性が高まり、ひいては出版受理につながる可能性が高まります。その一方、書式や言語上の問題ゆえに、選んだ出版社がお客様の学術・科学技術分野の原稿を拒否した場合や、その原稿を真剣に考慮してもらう前や出版受理の前に、まずそのような問題を完全になくすよう原稿入手担当編集者に依頼された場合、当社の書籍担当校正者であればそれらを完璧に解決することができます。出版社のガイドラインや投稿規定が要求するすべてをお客様の原稿が満たせるよう、当社に原稿をお送りいただく際には、当該規定が確認できるリンクまたはファイルも必ず送ってください。編集者から受け取った有用な批評があれば、お客様の文章や書式についてご自身が特に気になる部分やセクションをお客様自身のメモとしてそれも送って下さい。お客様が必要とするものが何であれ、当社の書籍校閲・校正サービスを受けていただくことにより、さらなる自信を持って原稿を提出、出版していただくことが可能になります。

当社の顧客の多くは、英語の非母語話者でありながら、学術・科学技術分野の研究を英語で発表する必要があるか、あるいはそのような希望を持っている高等教育機関の学術研究者や科学者の方々です。当社で学術・科学技術分野の書籍を担当する校正者は、そのような執筆者の方々に対して、ご自身の母語で執筆した場合と同じように明瞭かつ正確、そして洗練された内容を英語で表現するお手伝いをいたします。もちろん、当社が提供する学術・科学技術分野の校正・校閲サービスは、専門的訓練を受けた者の視点を活用したいと思う英語母語話者の方々にも極めて有用です。出版用に提出する学術・科学技術分野の文書内にミスや不整合がただの1つもないよう、一般的に完璧と言える仕上がりにいたします。

学術・科学技術の書籍の執筆には、多くの時間と労力、そしてたいていの場合、金銭も費やされます。そのようなプロジェクトで要求される負担は、短い論文や1章分を記述する場合よりも複雑かつ困難を伴うものです。もちろん、何よりも必要なことは、理路整然とした魅力的な議論が多くの詳細部分について展開され、また膨大なテクスト全体で維持されることです。しかし、効果的かつ一貫した書式、綿密かつ完全な引用と出典、さらに、明瞭かつ正確、適度にフォーマルな文体で有益な情報を伝えることも学術書の成功には不可欠です。同一執筆者が異なる時期に執筆する場合や、まったく別の複数の執筆者が共同執筆する場合など、章ごとに別個に執筆される書籍が多々あるという事実が、これらの必須項目を満たすことを難しく、複雑にさせている原因であり、極めて入念な校正と校閲が必要とされる理由なのです。もちろん、各執筆者が自分自身の記述内容を確認し、修正すべきであり、また、収集を担当する編集者がそれらの文書を監督する必要があるのですが、学術・科学技術的な記述に特化した専門の校正者によるサービスに代わるものはそうそうありません。具体的には、学術・科学技術分野に関する書籍の原稿を当社にお送りいただければ、高い教育を受け、かつお客様の学問領域や専門分野に習熟した英語のネイティブスピーカーが、細心の注意を持ってお客様の原稿を詳細まで校正することを確実に請け合います。お客様の文法、スペル、句読法にミスがあれば修正し、構成、書式、出典については出版予定先のガイドラインをすべてお客様が遵守しているかも確認します。

学術書の出版が成功するためのプロセスは長く、厳しい場合があり、通常、執筆者の時間と注意が必要となる段階がいくつかあります。当社において学術・科学技術分野の書籍を担当する校正者は、いずれの時点でもお客様をお手伝いできることを光栄に思っています。各章の原稿が仕上がった時点でそれぞれお送りいただいてもかまいませんし、出版社へ提出前の書籍全体の原稿でもかまいません。編集者から言語や書式を修正するよう依頼された場合、当社はその書籍全体あるいは問題を指摘された部分だけをお引き受けすることもできます。原稿編集の最終段階や印刷直前の段階であれば、当社は学術・科学技術分野のエキスパートとして、文書内にあるほんの小さなミスや不整合も見逃さずに修正することができます。当社の学術・科学技術分野の書籍に対する校正・校閲サービスが、お客様のプロジェクトや作業形態にとって非常に有用であると実感していただけるどのような形式でも対応しますので、ぜひ当サービスをご活用ください。また、書籍の企画書や梗概、編集者とのやりとりなどの校正も喜んでお引き受けいたします。これにより、お客様がプロ意識を持ってご自分の書籍を明瞭に提示したり、出版が成功するよう議論したりすることが可能になります。